HOME >> ダンボールデザイン情報 >> フタ式ダンボールとは

フタ式ダンボールとは

img008

フタ式ダンボールと言うのは、箱が二つに分かれているタイプのダンボールのことで、フタを身の部分に当たる箱にかぶせることで「箱」にすることができるものです。

一般的に、ダンボールの箱と言うのは「一枚の紙」の様な状態になっていて、それを組み立てることで箱の形になるものが多いのですが、フタ式ダンボールは「フタ」「身」に分かれている為、組み立てなければならない紙が二つ存在することになります。

靴を購入すると箱に入れられて渡されることが多いと思いますが、この時良く使用されるのが「フタ式ダンボール」ですね。

フタ式ダンボールは「プレゼント」など贈答用に使用されることもあり、デパートやショッピングセンターのラッピング専用グッズ置き場で販売されていることが良くあります。

華やかな色のものが多いので、一見「これがダンボール?」と思ってしまいがちですが、フタ式ダンボールは私たちが特に良く見るダンボールのひとつですので、これからも意識して大切にしていきたいものです。

ダンボールのデザインへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。