HOME >> ダンボールデザイン情報 >> ポスターを入れる紙菅状のもの

ポスターを入れる紙菅状のもの

img013

ダンボールでは様々なものが作られていますが、その中でもポスターを入れる紙菅は珍しい形をしているもののひとつであり、見るとびっくりするもののひとつかもしれません。

ポスターを入れる紙菅と言うのは「筒状ダンボール」のことで、ここにポスターなどを入れることで「ポスターが折れない様に保護することができる」と言うものです。

丸めた紙と言うのは、どうしても持ち運んでいるうちに「折れる」「破れる」などのトラブルに遭ってしまうことが多いのですが、ポスターを入れる紙菅に入れることでその可能性を軽減し、綺麗なまま保存することができます。

ポスターを入れる紙菅はあまり販売されていないので「見たことが無い」と言う人もいるかもしれませんが、CDショップに特典のポスターなどを送るときは大抵ポスターを入れる紙菅に入ってきますし、オンラインショップなどでは販売されていることも多いです。

趣味でポスターを集めることがある人は、このポスターを入れる紙菅を使ってポスターを保存していくことができたら良いですね。

ダンボールのデザインへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。