HOME >> ダンボールデザイン情報 >> ダンボールの原紙

ダンボールの原紙

img010

ダンボールと言うと「箱」を思い浮かべますが、もともとは一枚の紙であり、それをくり抜くことで「ダンボール箱を作る為の形」を実現させています。

ダンボールの原紙は「ライナー」と言う呼び方をすることもあり、このライナーを使用用途によって使い分けることで、色々なダンボールを作り上げています。

例えば「クラフトライナー」ですが、こちらは一般的なダンボールを作るためのライナーで、色は深い茶色です。

強度も色々な種類がありますが、「グラム」の値が高ければ高いほどダンボールの強度が上がると言われており、中に何を入れるかによってダンボールの厚さを変える必要があるのではないでしょうか。

また、このクラフトダンボールに防水加工を施したものを「耐水ライナー」と呼んでおり、これば水分の多い野菜などを発送する時に使用します。

そして「ジュードライナー」ですが、これは再生紙が混じっているもので、クラフトライナーと比較するとちょっと強度が落ちます。

それでも値段が安いですし、様々なところで使うことができるので人気です。

ダンボールのデザインへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。