HOME >> ダンボールデザイン情報 >> 冊子小包ケース

冊子小包ケース

img014

冊子小包ケースは、おそらく「通信販売で本を購入するという文化」が活発化することによって定着したダンボールだと思います。

今はインターネットで簡単に書籍を注文することができますので、近くの本屋に売っていない雑誌などはもちろん、海外で販売されている本なども手に入れることができると言うメリットがあります。

何冊か纏めて購入すると「送料が無料になる」と言うものも多いので、何冊か纏めて購入して「送料を浮かす」と言う人が多いみたいですね。

そんな冊子小包ケースは、外側のケース部分だけでなく「中で本を固定することができる、部品のダンボール」なども付いてきており、本を傷つけない様に相手に送ることができると言うメリットがあります。

冊子小包ケースはほとんどが業務用なのであまり見かける機会はないかもしれませんが、インターネットのオンラインショップでは簡単に購入することができますので、個人で使いたい人はこちらで探してみると良いでしょう。

ダンボールのデザインへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。