HOME >> ダンボールのデザイン >> 小物もダンボールで包装(2)

小物もダンボールで包装(2)

ダンボールの強度は、ダンボールの素材と厚さによって、ほぼ決まります。

したがって小物の商品などを梱包する場合には、ダンボールはあまり厚くなくても大丈夫ということになります。

こうした小物を梱包するダンボール素材は薄く軽いものが購買客に好まれるでしょう。

また形状自体もユニークなほうが商品の魅力を増すことにつながります。

例えば、小物の形を模ったパッケージなら、ギフトなどにも好まれるでしょう。

そして大事なのが、そのパッケージの表面のイラストなどのデザインです。

パッケージデザインが商品にとって非常に重要なことは、マーケティングでは常識ですが、ダンボールでパッケージを作る場合にも、同様のことが言えます。

商品名のタイポグラフィの選び方、商品のイラスト、あるいは商品のイメージキャラクターなどを梱包するダンボールに描く場合もあるでしょう。

そのような場合にも、そのデザインに対して綿密な打合せが必要となるでしょう。

できればいくつかデザイン案を作って、慎重に検討するのがよいでしょう。

ダンボールのデザインへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。