HOME >> ダンボールのデザイン >> 素材を決める

素材を決める

打合せをしていく中で、オリジナルのダンボールを制作する目的に沿ったダンボールの素材を決めていきます。

ダンボールの素材は、表面素材、フルートの厚み、特殊なダンボールを利用するかどうか、といった点から決めていきます。

配送用で丈夫なものにしなければならないなら、当然、ダンボールの厚さが必要になってくるでしょう。

ダンボールには、通常、厚さ5ミリのAフルート、厚さ3ミリのBフルート、厚さ8ミリのABフロートなどがあります。

さらには、厚さが約1.5ミリというEフルートを扱う事業者もあります。

さらにダンボールには様々なカラーもあります。

ダンボールの色も、オリジナルを作る目的に大いに影響します。

消費者にアピールし、かつ中身の商品のイメージにも合う色を見つけることはとても大事です。

ダンボールには、お馴染みのクラフトの茶色(艶なし)のもの、クラフトの白色(艶なし)、艶ありの黒コート、艶ありの赤コートなどの色や素材があります。

これらを目的に合わせて使い分けます。

ダンボールのデザインへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。