HOME >> ダンボールのデザイン >> 形状を決める

形状を決める

オリジナルのダンボールの箱をデザインするにも、まずは規格品の形状がそのベースとなるでしょう。

規格品に少し手を加えるだけでよければ、コスト的にも助かるはずです。

ダンボールの形状で、最も一般的なのは、A式と呼ばれる、いわゆるみかん箱型です。

観音開きにふたが開きます。

最も安いダンボールの箱です。

このみかん箱の形状を応用して、高さの中間に折り線をいれると、高さが半分ほどで、全体にふたを覆る形になります。

次に品物が薄いものなら、たとう式と呼ばれる形状が使えます。

これはごく薄いみかん箱のような形状です。

本などを送るのによく使われます。

細長いものを入れるのに良く使われるのが、ポスター箱形式(=箱紙管)です。

カレンダーの梱包などに良く使われます。

組底といわれる耳を折り込んできっちりとふたができるタイプの箱もあります。

フラップのふたが両側で折り込めるようになっているサック式の箱もあります。

その他にもふたを回しこんで入れるタイプなど、規格品だけでも相当な形状があるといえるでしょう。

ダンボールのデザインへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。