HOME >> ダンボールのデザイン >> デザインは企業を語る(2)

デザインは企業を語る(2)

デザインのパワーを良く理解している企業なら、パッケージするダンボールのデザインに対しても、決して軽く考えたりはしないでしょう。

現在の先進国の経済状況は、供給過剰の成熟状態になっています。

日本の場合は特にそうです。

モノはあふれ、デフレ状態が続いています。

このようにモノがあふれている場では、モノは訴求するものでなければ売れないのです。

訴求の仕方は様々です。

これまでに無かったもの、既存のものに改良を加えたもの、購入すると嬉しくなるもの、いずれにせよ、現在の商品は、消費者に満足を与えるものでなければなりません。

そこに一部の隙もあってはならないのです。

だからこそ、パッケージのデザインは重要です。

そしてさらにそうだからこそ、加工性に優れ、リサイクル率も高いダンボールのパッケージの評価が高いのです。

そのダンボールを優れたデザインによって、優れたパッケージやモノに変えなければなりません。

それに成功している企業は企業のブランドイメージを力強いものにできるでしょう。

デザインの力はとても大きいのです。

ダンボールのデザインへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。