HOME >> ダンボールのデザイン >> カラー豊富に

カラー豊富に

ダンボールのカラーと言えば、茶色をイメージする人が多いと思いますし、もちろんそれは決して間違ってはいない、ダンボールの定番となる基本色です。

ですが、街中で見かけることができるダンボールは茶色そのものの色合いであることの方が案外と少ないかもしれません。

素材の持ち味を大切にしている食品などでは、ダンボールの基本色を残したまま、文字やイラストのみを印刷している場合が多いようですが、アパレル商品や家電製品などの中には、一見するとそれがダンボールとは思えないような鮮やかなカラーをしていることもよくあります。

普段は改めて注意して見ることが少ないかもしれませんが、ダンボールのカラーについて気を付けてみると、新たな発見が多くあることと思います。

カラー印刷の趣向もさまざまで、ダンボールの元のカラーが分かるような素朴な雰囲気のものから、光沢がある艶加工で、高級感がある箱だと思えるような印刷であることもあります。

好きなカラーのダンボールを手にすることができれば、それはもはやただのダンボール箱ではなく、何かお気に入りの品物を収納するための宝箱に変身してしまうなどといったこともよくある話です。

また、カラーはダンボールに入れられる品物によっても違った傾向が見られ、女の子向きの洋服ならピンク系のかわいらしいカラー、パソコンなどのスタイリッシュな品物ならブラックやレッドなどのかっこいいカラーであることが多くなっています。

ダンボールのカラーとして意外なのは八百屋さんで積まれているみかん箱で、みかんの産地や特徴がカラフルな印刷で表現されているのです。

みかんのカラーであるオレンジはもちろん、ブルーやグリーンなど、みかんの出荷のピークとなる年末には色鮮やかなダンボール箱が八百屋の片隅にたくさん積み上げられています。

普段はダンボールのカラーに注意していなくても、ひとたびそのように気が付くと、ダンボールのカラーを見ることが随分と楽しくなってきますよ。

ダンボールのデザインへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。