HOME >> ダンボールのデザイン >> デザイン性が高いとは

デザイン性が高いとは

ダンボールと言えば、茶色で四角い形をしていて、中に入っている品物が何であるのかが外から見てすぐに分かるように商品名が書かれているという一般的なイメージがあり、それがダンボールの役割だと言えます。

少しきれいなダンボールだという印象を受けるものでも、白色で無地か、番号やロゴなどが入っているというシンプルなタイプのものが思い浮かぶことと思われますが、これらは単に茶色とは違った印象を受けるという程度です。

少し前までこれらのような条件のダンボールがイメージとして当たり前でしたが、最近はもっとデザイン性に富んだダンボールを見かけることができます。

ダンボールの色については、ダンボールとしては意外性がある色ならデザイン性がある要素として判断されることがあり、好まれることもありますが、定番の茶色や白色ならデザイン性がないということではありません。

色よりも重視されているのは、ダンボールの外側の印刷で、ただ単に中の内容物が文字として印字されているよりも、きれいな装飾模様が入っているとか、あえて中の品物名を印字していないタイプのものが、デザイン性が高いと認識されているようです。

好みのブランド名が印字されているダンボールも人気が高く、中に入っている商品のブランド価値と同様、それが包まれていた箱も高い評価を受けることがあります。

このようなデザイン性が高いと認められるダンボールは、ファッション業界などで流通していることが多く、思わずこれがダンボールかと疑ってしまうようなタイプの物も見かけることがあります。

本来のダンボールの用途は、品物の破損を防ぎ、一度にたくさん収納して運搬するというものですが、それらの目的は充分に果たした上で、見た目にスタイリッシュな印象を持たせることができるダンボールは、とても優秀だと言えるのではないでしょうか。

ダンボールの定番イメージとは違って洗練されているタイプのものは、デザイン性が高いと呼んでも良いと考えられます。

ダンボールのデザインへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。