HOME >> ダンボールのデザイン >> オリジナルへのアドバイス

オリジナルへのアドバイス

自分で考えたデザインをダンボールへの印刷に使ってもらうことが可能で、その方法は初めて印刷を依頼する人でも難しいものではありません。

印刷のデザインは、パソコンを使ってイラスト用のソフトで作られているものなら、作ったデータをメールなどに添付して依頼するダンボール会社に送るだけです。

日頃からパソコンのソフトを使ってイラストを描くことに慣れている人なら、特に難しい作業ではないと思われます。

パソコンでイラストを描いたり、ロゴなどをデザインしたりすることができなくても、手書きで描いたデザイン画があれば、ファックスなどを使って送ることもできます。

少し日数がかかってしまいますが、郵送でもイラストデータを受け付けてもらうことができますので、機械類に弱いという場合でも心配はいりません。

さらに自分でデザインをすることはできないけれども、このようにしたいというイメージがあるという場合には、そのイメージを伝えれば、デザインの候補を幾つか作ってもらうことができますので、心強いと思います。

ただし、複雑なイメージを絵ではなく、口で伝えることはなかなか大変ですので、正確に表して欲しいという希望がある場合には、根気良く時間をかけて説明することが必要かもしれません。

ダンボール会社側から、デザインについてのアドバイスを受けることもできますので、オリジナルのデザインを作って、それを印刷する前に意見が欲しいという場合は、アドバイスを受けた上で、さらに良いデザインへと練り上げることも可能です。

文字をデザインする場合には、さまざまな文字用のフォントがありますので、どのフォントを使うかによって、同じ文字でも印象が大きく変わってきます。

ダンボールへのデザインだからといって、通常の紙に描くデザインと比べて特殊であるということはなく、思っているよりも自由に思い通りのデザインで印刷することがダンボールにも可能であることに驚くのではないでしょうか。

ダンボールのデザインへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。