HOME >> ダンボールのデザイン >> 素材ならではのメリット

素材ならではのメリット

ダンボールという素材は、使用する時には、軽量でありながら強度が高いものですが、使用しない時にはコンパクトに畳んで収納することができ、さらに自由なデザインを施すことができるという素材になります。

この他にはない優れた素材を活かして、ダンボールを役立てようという雰囲気が、エコロジー意識の高まりとともに、特に近年では大きく上昇しているように感じます。

デザイン性が高いダンボールは、インテリアとして大いに活用することができ、そのままでも見栄えや使い勝手の面でメリット満載の素材です。

そのまま洋服などを収めて積み上げていても絵になりますし、収納ボックスの引き出しとして使用したりすることができますが、少し加工するだけで、さらに便利なアイテムとしてダンボールを身近で活用することが叶います。

工作好きな人や、これまでとは違った使い方もしてみたいと考える人はダンボールの更なる活用に目を向けてみると良いでしょう。

例えば、ダンボ―ルで椅子を作って使用することが考えられますが、牛乳パックでも集めれば人が座ることができるくらいの強度を持っていますから、ダンボールならさらに安心して座ることができる強度を保つことができます。

きれいなデザインを持っているダンボールならそのまま椅子の形に整えれば完成で、幾つかのダンボールを組み合わせて大きめのサイズにすれば、大人でも充分にくつろぐことができるソファのようになります。

これなら不要な時には畳んですぐに片付けられますし、必要になれば組み立てて座ってもらうことが簡単にできますので、普段用のみならず、来客時に椅子が不足した時にも充分に役立ちます。

デザイン性が高いダンボールなら、その椅子を機会として、話題が広がる可能性もあり得ます。

さらにダンボールを縦に重ねれば強度が高くなりますが、重なって見えない部分の両端にはきれいなデザインのダンボールを貼り付ければ、絵柄を充分に見せることができます。

ダンボールのデザインへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。