HOME >> ダンボールのデザイン >> 自分でオリジナルのデザインを考える

自分でオリジナルのデザインを考える

よく無地のノートの表紙などに落書きをして、自分のオリジナルのノートなどを作成する人なども居るでしょう。

元から柄がついている物というのは、それだけ派手で印象的になるかもしれませんし、雰囲気なども独特で自分の楽しみ方が出来るかもしれませんが、無地のものならば無地だからこそ、それに自分の手を加えることが出来ると思います。

最近では流行ってきているダンボールインテリア、その注目されるダンボールを、自分なりのデザインに変えてみるというのも一つの手としては面白いのではないでしょうか?

形を変えるだけではありません、見た目の色はもちろんの事、柄を付け加えたりするのを自分でやってみるのはいかがでしょう。

商品として存在するダンボールのような箱を選ぶよりも、自分の中で何かしらのイメージが固定されている場合はそのイメージを自分の手で作り上げていくのも楽しいはずです。

ぜひ皆さんには、こうしたダンボールデザインの楽しみ方も知って欲しいと思います。

何事も大切なのは自分のこだわりを忘れないという事ではないでしょうか。

こだわりがあるからこそ選べる、それがあるから作れる、そこから生まれるものは大きいと思います。

皆さんの中には、自分のオリジナルデザインのものというのは存在するでしょうか?

ダンボールのデザインへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。