HOME >> ダンボールのデザイン >> 取っておきのダンボール

取っておきのダンボール

ダンボールと聞くとどうしてもどうせ後から必要無くなって畳んでしまうようなイメージがあるのではないでしょうか?
みかん箱のようなものを想像してしまうとそうなる事が多いと思います。

何かしらの梱包に利用はされるし、便利なものではあるけれど長年使うわけでは無いですし、ある程度物を運ぶのに使われてしまえばあとは廃品回収へ、何ていう事になると思うのですが、取っておきのダンボールが使いたいときが皆さんにも来るかもしれませんので、そういった場合には様々なデザインのものから特別を選んでみましょう。

「取っておきのダンボール」って?と考える人も居るでしょうけど、まず何かしらのプレゼントであったり、自分の工作に使うものであったりなど、使い道は人それぞれになりますが、どうしてもダンボールを使ったもの、その箱を使ったものを作りたい、利用したいと思った時に、その利用方法やそれを渡す相手によって梱包自体をしっかりと選ぶ必要があるのです。

何かしらを工作する際に、ただの薄茶色のダンボールを使うよりも、もっと華やかな色のついた物を使いたいと思えば、そこも一つのこだわりであり、取っておきですよね。

何に利用するのかは人それぞれですが、こうしたこだわりを持ったダンボール選びも、また少し面白いのではないでしょうか?自分なりのこだわりがあるけれど、そういった物を見つけられないという人は、自分でオリジナルの物を作ってしまうのもありだと思います。

ダンボールのデザインへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。